2017年2月以降、メーターパネルの警告灯がついた状態では
検査を受け付けないと自動車総合技術機構が発表しました。

いままでは命にかかわるベルトの警告灯やアラーム、エアバッグが対象でしたが、
来月からはキーをACCにした状態で表示されている警告灯が
エンジンONになったときに全て消えないと検査を受け付けないといっています。

検査そのものを受けれないということなので
修理をする必要がでてくる車がたくさんでてくるでしょう。

古い車を淘汰するのが狙いでしょうね。
環境にも悪いし。


知らないところに車検をお願いしたら
「検査に通らないので整備しておきました」と
ボッタクリ請求するところもでてくるかもですね。

信頼できるところに車検はお願いしましょう。


お客様立会いできます。


今までの車検にご不満の皆様、ぜひホリデー車検へ!キャンペーン実施中!