メーカーオプションやディーラーオプションの純正ナビはハンドル操作出来たり、バックのときの線枠が精巧だというメリットがありますが、使用制限が面倒ですよね~







走行中にもTVを見れるようにする方法 社外ナビ編


操作性、デザイン性、機能性から社外ナビを選ぶ方も少なくありません。社外ナビは純正ナビと違い自社規制などがないので簡単に走行中にTVを見れるようにすることが出来ます。
オートバックスなどで社外ナビを購入し、取り付けてもらうときに「走行中もTVやDVDを見れるようにしてください」とお願いしても最近は「責任の問題がありますので・・・」と断られます。運転しながらTVを見たりするのは禁止になっていますが、同乗者は問題ないのに面倒ですねw

社外ナビ 走行中にTVを見れるようにする方法


社外ナビはもともと走行中にナビ操作ができるので配線1本いじるだけで走行中にTVやDVDが見れるようになり快適になります。社外ナビはパーキングセンサーだけでナビが判断しているのでカーナビ側のパーキングセンサーの線を車両側に繋がずにボディアースにします。すると「ちゃんと止まってるね!」と判断して走行中でも見れるようになります。
なのでショップに断られても自分でパネルを外し線1本の接続先を変えるだけなので是非トライしましょう。たったこれだけの作業をやってくれないことにイラッとしますが、おちついてパネルに傷を付けないように落ち着いて作業してくださいね!




パイオニアのcarrozzeriaはパーキングセンサーのコードの色はピンクなのですぐにわかります。手間を掛けたくない場合は線をカットし車両側に行っている線をビニールテープなどで絶縁処理し、カットした先にクワガタ端子をとりつけアースに接続するだけです。アース先はボディの金属に触れているボルトに割り込ませるとボルトも用意する必要が無いので楽ですよ。
アースが取れるかどうかわからない場合は検電器を使い、クリップ部分で取りたい場所のボルトを挟んで、近くの赤線か黄色線に検電器の先端を突っ込み、検電器が点灯すればアースが取れている証拠です。




ちなみにですが、黄色線はエンジンを掛けなくてもプラス電源が来ている「常時電源」で赤色はキーをACC異常回すとプラス電源が流れる線です。
なにか電飾ぱーつなどを取り付ける際には赤線から電源を取りましょう。黄色の常時電源からとるとバッテーリー上がりの原因になりますよ。それから同じコードから取りすぎると過電流でコードが焼けたりするので分散も大事です。
電気は目に見えないので、知識がまったくないと車両火災などにつながり大変危険です。